R3年度 いじめ防止対策基本方針 その1

令和3年4月1日
江東区立東砂小学校
校長 田中 真弥子

江東区立東砂小学校いじめ防止基本方針

いじめ防止対策推進法第13条に基づき、本校におけるいじめの防止等のための対策に関する基本的な方針を定める。

※ いじめの定義(いじめ防止対策推進法第2条)
「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。

1 いじめ防止等の基本的な考え方
(1) いじめに対する基本認識
いじめは、いじめを受けた児童・生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものであり、人として決して許されない行為であるという、いじめに対する認識を全教職員で共有する。いじめ防止対策推進法第4条では、「児童等は、いじめを行ってはならない。」(いじめの禁止)と規定されている。
 そして、「いじめは、どの学校・学級でも起こりうるものであり、いじめ問題に全く無関係ですむ児童・生徒はいない」という共通認識に立ち、児童・生徒が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう、学校の内外を問わずいじめが行われなくなるようにするため、いじめ防止対策推進法第8条に基づき、いじめの未然防止・早期発見・早期対応に取り組む。

(2) 学校及び学校の教職員の責務(いじめ防止対策推進法第8条)
 学校及び学校の教職員は、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの未然防止及び早期発見に取り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

2 いじめの防止等の対策のための組織
 いじめの防止等に関する措置を実効的に行うため、【校長、副校長、生活指導主任、学年主任、養護教諭、スクールカウンセラー、保護者代表、地域代表 】による「学校いじめ対策委員会」を設置して、同委員会を定期的及び必要に応じて開催し、本方針に基づく取組の実行、進捗状況の確認、定期的検証等を行う。
 また、いじめ等が発見された場合は速やかに開催し、早期対応にあたる。

役職 職名等 氏名
相談役 校長・副校長
相談役 学校評議員・青少年委員
委員長 生活指導主任
副委員長  教務主任
生活指導部   主任教諭
   教諭
   教諭
   教諭
   教諭
   教諭
特別支援委員 養護教諭
相談役 スクールカウンセラー

名簿については、個人名なので公開していません。

3 いじめの未然防止の取組
(1) わかる授業づくり・・・・児童・生徒一人一人が達成感や充実感をもてる、わかる授業の実践に努める。

具体的な取組内容
○電子黒板・書画カメラ・タブレット等のICT機器の効果的な活用
○主体的に学ぶ問題解決学習の推進
○江東学びスタンダードを基に、朝学習や放課後学習で個に応じた指導を行い基礎・基本を徹底する
○算数における習熟度別指導等の個に応じた指導の充実
○外部講師や地域の教育力を生かした授業の導入
○校内外の研修で指導力の向上を目指し、若手教員の学級経営や指導力を高めるためにOJTの機会を設定する。

(2) 道徳教育の充実・・・・「いじめを行ってはならない」「いじめは決して許されない」という認識を児童・生徒がもてるように、教育活動全体を通じて指導する。

具体的な取組内容
○特別の教科「道徳」の校内研究を生かした、指導力の向上
○「いじめ総合対策第2次・一部改定 下巻」の実践プログラムの活用
○学校公開や道徳授業地区公開講座などにおける家庭・地域との連携

更新日:2021年05月21日 12:44:06