いじめ防止対策基本方針 その1

令和2年度 江東区立東砂小学校
いじめ防止対策基本方針

令和2年4月1日
江東区立東砂小学校
校長  鈴木 貴雄

 いじめ防止対策推進法第13条及び東京都並びに江東区のいじめ防止対策基本方針を受け、本校におけるいじめ防止等のための対策に関する基本方針を以下の通り定める。







1 いじめ防止等の基本的な考え方
(1)いじめに対する基本認識
  いじめは、いじめを受けた児童等の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものであり、人として決して許されない行為である。また、いじめ防止対策推進法第4条には、「児童等は、いじめを行ってはならない。」(いじめの禁止)と規定されている。
  このようないじめに対する認識をすべての教職員が共有するとともに、「いじめは、どの学校・学級でも起こり得るものであり、いじめ問題に全く無関係ですむ児童等はいない。」という共通認識に立ち、児童等が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう、いじめ防止対策推進法第8条の規定に基づき、いじめの未然防止・早期発見・早期対応に取り組む。
(2)学校及び学校の教職員の責務(いじめ防止対策推進法第8条)
  学校及び学校の教職員は、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの未然防止及び早期発見に取り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると疑われるときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。




2 いじめの防止等の対策のための組織
  いじめの防止等に関する措置を実効的に行うため、校長・副校長・主幹教諭・生活指導部員・スクールカウンセラー等で組織した「東砂小学校いじめ防止対策校内委員会」を設置する。同委員会は、定期的に開催(年間3回程度)し、本方針に基づく具体的な取組について検討するとともに、取組の進捗状況の確認・検証等を行うとともに、PTA会長と青少年委員との情報共有を図っていく。
  なお、いじめ等が発生した場合は緊急に開催し、早期解決に向け、その対応にあたる。
 【東砂小学校いじめ防止対策校内委員会 委員名簿(令和2年度)】
役 職 職名等 氏  名
相談役 校 長・副校長
相談役 学校評議員・青少年委員
委員長 生活指導主任(主幹教諭)
副委員長 教務主任(主幹教諭)
委 員
(生活指導部) 主任教諭
        教 諭
        教 諭
        教 諭
        教 諭

        養護教諭
相談役 スクールカウンセラー
*いじめ等の発生に伴い、緊急開催する場合は、東砂小学校いじめ防止対策校内委員会と共に関係児童の担任や専科教員、PTA会長と青少年委員に出席を依頼する。

 【東砂小学校いじめ防止対策校内委員会(定期) 開催予定】
回 日 程 内  容
1 令和2年  6月20日(土) ○基本方針の概要・趣旨説明
○具体的な取組と今後の予定、等
2 令和2年 10月31日(土) ○アンケートの結果を受けて
○各学年・学級の取組について、等
3 令和3年  1月22日(金) ○取組の成果と課題
○次年度に向けて、等





更新日:2020年04月03日 17:31:25